野球部

2020年度 新チームスローガン

  獅子奮迅 

2020-9-6 秋季県南高等学校野球大会

9月6日から行われました秋季県高等学校野球大会の結果についてお知らせいたします。

▷1回戦:横手城南 0-9 湯沢翔北(GSよこて)

湯沢翔北|240 300 0|7

横手城南|000 000 0|0(7回コールドゲーム)

▷代表決定戦1回戦:横手城南 8-3 大農太田・六郷(大曲球場)

横手城南|300 001 301|8

太田六郷|000 010 020|3

▷代表決定戦2回戦:横手城南 8-3 秋田修英(GSよこて)

横手城南|000 000 0|0

秋田修英|104 200 0|7(7回コールドゲーム)

全県大会出場を目指し、秋季県南大会に臨みました。初戦の湯沢翔北戦では、先発した増田拓海(1年・横手北)が粘り強く投げましたが、序盤から失点を重ねてしまい0対7での敗戦となりました。

代表決定戦では、先発の進藤綜(1年・南外)が9回を一人で投げ切り、打つ方も田口悠斗(1年・横手北)、3番4番の2年生コンビの武田拓真(2年・大曲西)、加藤涼雅(2年・美郷)の適時打もあり、8対3で勝利することができました。

代表決定2回戦では、走者を置いた場面での守備のミスが失点に繋がり、粘り強く戦いましたが0対7での敗戦となり、全県大会出場とはなりませんでした。

2年生2名、1年生9名(マネージャー2名)の若いチームなので、一冬しっかりと個々とチームを鍛え直して来春には全県県大会に出場できるようにチーム一丸となって頑張りたいと思います。

応援本当にありがとうございました。また、来シーズンもどうか宜しくお願いします。


2020-7-13 020秋田県高等学校野球大会

7月21日に行われました2020秋田県高等学校野球大会の試合結果についてお知らせいたします。

▷1回戦:横手城南 2-5 増田(GSよこて)

増  田|000 300 002|5

横手城南|001 001 000|2

昨年の夏の大会に続き先発した高橋充(3年・山内)が好投し、3回裏に先頭打者の佐藤遼一(3年・横手明峰)のヒットから繋ぎ、2死2塁から高橋充のレフトオーバーの適時二塁打で先制しました。その後逆転を許しましたが、6回裏に高橋蓮(3年・美郷)の出塁から高橋充の二塁打で繋ぎ、1点を返しました。ショート坂本比呂(3年・美郷)の好守備にも助けられ、9回も小棚木光(3年・横手明峰)、伊藤翔太(3年・十文字)とヒットでチャンスを作りましたがあと一歩及ばず、2対5での敗戦となりました。

春からの様々な状況にも下を向かずにマネージャー2名を含む3年生11名は最後の最後まで誰一人として諦めず、全力疾走・全力プレーの「城南野球」を貫いてくれました。

今日まで応援して下さったすべての方に感謝申し上げます。3年間応援ありがとうございました。


2019-8-6 秋季県南高等学校野球大会

8月6日から行われました秋季県高等学校野球大会の結果についてお知らせいたします。

▷1回戦:横手城南 1-4 横手(太田球場)

横  手|000 100 012|4

横手城南|000 001 000|1

▷代表決定戦1回戦:横手城南 4-1 増田(大曲球場)

増  田|100 000 000|1

横手城南|000 103 00✖|4

▷代表決定戦:横手城南 3-5 大曲(GS横手)

大  曲|000 020 100 000 2|5

横手城南|000 010 002 000 0|3 (延長13回タイブレーク)

初戦は硬さも見られましたが、先発した高橋充(2年・山内)が粘り強く投げ、先制されましたが、6回裏に1番坂本比呂(2年・美郷)、高橋蓮(2年・美郷)と繋ぎ、3番高橋充のスクイズで同点としました。その後得点を許しましたが、9回には伊藤大雅(2年・山内)、橘恭史(2年・美郷)とチャンスを作りましたが、惜しくも敗戦となりました。

代表決定1回戦では、初回に1点を先制されましたが、4回に高橋蓮が送球間に好走塁で生還し同点、6回には武田拓真(1年・大曲西)の犠飛、高橋蓮の本盗、益子太一(2年・横手明峰)のスクイズで加点し、投げては初戦に続き先発した高橋充が11奪三振を奪う好投で勝利をものにすることができました。

全県大会をかけた大曲高校との試合では、先発した伊藤大雅が好投し、5回には加藤涼雅(1年・美郷)の適時打で食い下がりました。土壇場9回には、内野安打やスクイズで同点に追いつきましたが、タイブレークの末敗れてしまい、全県大会出場とはなりませんでした。この悔しさを来春、来夏に晴らせるように主将の伊藤翔太(2年・十文字)を中心にこれから頑張りたいと思います。

応援本当にありがとうございました。また、来シーズンもどうか宜しくお願いします。


2019-08-11 令和元年度秋季県南リーグ戦結果

8/5~8/8に行われました秋季県南リーグ戦の結果についてお知らせいたします。

▷ 8/ 5(月):スタジアム大雄 横手城南 4-2 湯沢

▷ 8/ 6(火):スタジアム大雄 横手城南 4-9 横手

▷ 8/ 8(水):仙北球場    横手城南 9-5 大曲農業

新チーム発足後初の公式戦でした。チーム一丸となって粘り強く戦い、2勝1敗と久しぶりに勝ち越すことができました。

初戦の湯沢高校戦では、4番益子太一(2年・横手明峰)の2打席連続タイムリーと、高橋充(2年・山内中)、橘恭史(2年・美郷中)の継投で勝つことができました。

2戦目は、5回までは、2番坂本比呂(2年・美郷中)のスクイズなどで4対5と粘り強く戦いましたが、終盤に失点し負けてしまいました。

3戦目は、序盤に4点差をつけられる苦しい展開でしたが、終盤に加藤涼雅(1年・美郷中)、武田拓真(1年・大曲西)が先頭で出塁したのをきっかけに逆転勝ちすることができました。

この経験を秋季県南大会に生かし、秋季県南大会では、全県大会出場目指し頑張りたいと思います。お休みのところ球場まで足を運び応援してくださりありがとうございました。


2019-7-11 第101回全国高等学校野球選手権秋田大会結果

7月11日に行われました第101回全国高等学校野球選手権秋田大会の結果についてお知らせいたします。

▷1回戦:横手城南 2-5 秋田商業(八橋球場)

横手城南|000 000 002|2

秋田商業|200 000 21×|5

初回に硬さから2点を失ったものの、先発の高橋充(2年・山内中)が7回途中まで4失点と粘りのピッチングをし、あとを受けた吉成隆也(3年・横手明峰)も2イニングを1失点に抑えました。8回まで7安打を放ちながら得点できない展開でしたが、9回先頭の吉成隆也が左中間に2塁打、高橋充がこの日3本目となる安打、高橋蓮(2年・美郷中)が四球で繋いだ1死満塁のチャンスで主将の仙北谷将平(3年・横手明峰)が初球をセンター前にはじき返し1点を返しました。その後2番の佐々木翔(3年・美郷中)が押し出しの四球でさらに1点を返しますが反撃及ばず2対5での敗戦となりました。

3年生8名は、最後の最後まで諦めないで一生懸命に戦う”城南野球”を貫き通してくれました。

今日まで応援して下さったすべての方に感謝申し上げます。3年間応援ありがとうございました。


2019-5-15 平成31年度春季県南野球大会結果

5月5,6日と11、12日に行われました春季県南大会の結果についてお知らせいたします。

▷2回戦:横手城南 2-8 羽後 (GSよこて)

羽 後 |010 000 0 |1

横手城南|220 011 2× |8(7回コールドゲーム)

▷準々決勝:横手城南 1-9 湯沢翔北 (大曲球場)

横手城南|100 000 0|1

湯沢翔北|123 003 × |9(7回コールドゲーム)

▷代表決定戦:横手城南 0-5 平成 (大曲球場)

平 成 |000 210 002|5

横手城南|000 000 000|0

▷第7代表決定戦:横手城南 2-8 横手 (GSよこて)

横 手 |040 200 200|8

横手城南|000 200 000|2

初戦は、先発の伊藤大雅(2年・山内)が粘り強く投げ、打線は、序盤に佐々木翔(3年・美郷)、柿崎嘉威(3年・横手明峰)のタイムリーで加点し7回コールドで勝つことができました。

準々決勝では、初回に仙北谷将平(3年・横手明峰)の適時3塁打で先制するも、守備のミスから逆転、追加点を許し、1対9で敗戦しました。

続く代表決定戦では、序盤は吉成隆也(3年・横手明峰)が粘り強く投げ、守備も粘り強く守りましたが、0対5での敗戦となりました。

第7代表決定戦では、0対6とリードされた4回に仙北谷将平、高橋立樹(3年・美郷)、沼倉悠真(3年・横手明峰)が連打と四球で繋ぎ、吉成隆也が右中間への適時2塁打で2点返しましたが、追い上げ及ばず2対8での敗戦となりました。

春季全県大会への切符は手にすることができませんでしたが、この経験を夏の甲子園予選秋田大会に繋げたいと思います。大型連休にもかかわらず球場まで足を運び応援してくださり本当にありがとうございました。


2019-4-21 平成31年度春季県南地区リーグ戦結果

4月13日~21日に行われました春季県南地区リーグ戦の結果についてお知らせいたします。

▷ 4/13(土):大曲球場 横手城南 8-10 大曲工業

▷ 4/20(土):大曲球場 横手城南 9-8  大曲農業

▷ 4/21(日):大曲球場 横手城南 0-8  湯沢翔北

今シーズン初めての公式戦に2,3年生17名、マネージャー2名と新1年生2名を迎えて臨みました。

大曲工業戦では4点リードを追いつかれ、逆に3点差をつけられる苦しい展開でした。しかし、終盤に仙北谷将平(3年・横手明峰)と坂本比呂(2年・美郷)の長打で食い下がり、粘りはしましたが8対10で敗戦となりました。

大曲農業戦では、4点差を追う展開でしたが、大曲工業戦同様に終盤粘りを見せ、7,8回に佐々木翔(3年・美郷)のランニングHR,坂本比呂(2年・美郷)の3塁打で計8点を奪い、8,9回は増田大也(3年・横手北)が粘り強い投球で締め何とか勝利を手にすることができました。

湯沢翔北戦では、序盤からペースを握られる苦しい展開で、打線も繋がらず7回コールドの悔しい敗戦となりました。

新年度のスタートとしては、終盤に粘ることができた試合も多かったので、守備でのミスを減らし春季県南大会では全県大会出場目指しチーム一丸となって頑張ります。

お休みのところ球場まで足を運び応援してくださりありがとうございました。


2018-09-2 平成30年度秋季県南野球大会結果

9月2日、7日、12日に行われました秋季県南大会の結果についてお知らせいたします。

▷1回戦:大曲球場 横手城南 2-8 大曲工業

横手城南|100 010 000|2

大曲工業|000 222 20× |8

▷代表決定戦1回戦:大曲球場 横手城南 8-0 雄物川

横手城南|411 000 02|8

雄物川 |000 000 00|0 (8回コールド)

▷代表決定戦:GSよこて 横手城南 9-10 横手清陵 (延長10回)

横手城南|301 302 000 0  |9

横手清陵|102 100 311 1×|10 (延長10回)

1回戦は大曲工業との対戦でした。初回に吉成隆也(2年・横手明峰)、柿崎嘉威(2年・横手明峰)の連打で作ったチャンスをものに先制し、逆転された直後には、2死から佐々木翔(2年・美郷)の中前安ですぐに同点にする

など序盤は粘り強く試合を進めましたが、中盤以降は、チャンスをものにできず、逆に連打で追加点を許し敗戦となりました。

代表決定戦1回戦では、初回に、5番 仙北谷将平(2年・横手明峰)、6番 高橋立樹(2年・美郷)の連打で幸先よく先制し、坂本比呂(1年・美郷)のバントヒットなどで加点し試合を優位に進めました。投手は、吉成隆也、

高𣘺充(1年・山内)が踏ん張り、零封の8回コールドで勝つことができました。

代表決定戦では、横手清陵学院高校との対戦でした。3試合連続で初回に先制することができましたが、終盤にかけて打線は沈黙し、相手に追いつかれる展開となり、最後は延長10回サヨナラ負けで秋季県南大会敗戦となりました。目標にしていた秋季全県大会j出場は叶いませんでしたが、2年生を中心に1年生も多く出場し、チーム一丸となって最後まで諦めずに闘うことができたと思います。

これで、今年度の公式戦はすべて終了になります。応援本当にありがとうございました。また、来シーズンもどうか宜しくお願いします。


2018-08-11 平成30年度秋季県南リーグ戦結果

8/5~8/11に行われました秋季県南リーグ戦の結果についてお知らせいたします。

▷ 8/ 5(日):スタジアム大雄 横手城南 2-9  秋田修英 (7回コールド)

▷ 8/ 7(火):スタジアム大雄 横手城南 7-14 横手   (7回コールド)

▷ 8/ 8(水):スタジアム大雄 横手城南 11-2 雄物川

▷ 8/11(土):スタジアム大雄 横手城南 6-9   平成

新チーム発足後初の公式戦でした。ビッグイニングを作られることもあり、コールド負けが続きましたが、試合を重ねるにつれて試合になってきました。秋季県南大会に向けて、投手・守備を強化し、全県大会出場を目指してチーム一丸となって頑張りたいと思います。


2018-07-17 第100回全国高等学校野球選手権記念秋田大会結果

7月14日、16日に行われました第100回全国高等学校野球選手権記念秋田大会の結果についてお知らせいたします。

▷1回戦 横手城南 11 - 0 羽後(6回コールド)

横手城南|060 203 |11

羽  後|000 000 | 0(6回コールドゲーム)

▷2回戦 横手城南 1 - 5 能代松陽

横手城南|000 100 000|1

能代松陽|010 121 00× |5

初戦の羽後高校戦では、初回にチャンスで得点できず、その裏の先頭打者に3塁打を打たれて嫌な雰囲気ではありましたが、先発した高𣘺光(3年・山内)が落ち着いて後続を打ち取り無失点に抑え、そのリズムに乗り5回までに8得点を挙げることができました。チームとしても無失策の零封で、新チーム発足後の公式戦初勝利を収めることができました。

2回戦は、シード校の能代松陽高校戦でした。毎回のように得点圏に走者を置く苦しい展開でしたが、4回の表には、仙北谷将平(2年・横手明峰)の適時打で追いつき執念を見せましたが、中盤に加点を許し1対5での敗戦となりました。

3年生は5名と少ないながらも最後の最後まで諦めない姿勢で”城南”野球をやり切ってくれました。今日まで応援して下さったすべての方に感謝申し上げます。

本当に3年間ありがとうございました。これからも宜しくお願いいたします。


2018-05-10 平成30年度春季県南大会結果

5/6に行われました春季県南高校野球の結果についてお知らせいたします。

▷2回戦 横手城南 2-6 湯沢
横手城南|100 010 000|2
湯  沢|210 200 01×|6

初戦の相手は、昨秋にも対戦した湯沢高校でした。幸先よく先制しましたが、失策も絡み失点を重ね2対6での敗戦となりました。好機で一本出なかった攻撃面や、苦しい場面で失点を最小限に抑える守備面など課題がはっきりと表れた春季大会となりました。第100回の夏の甲子園予選秋田大会では、まずは夏の1勝をチーム一丸となって目指していきたいと思います。
大型連休の中球場まで足を運び応援してくださりありがとうございました。


2018-04-21 平成30年度春季県南リーグ戦結果

4/14~4/22に行われました春季県南リーグ戦の結果についてお知らせいたします。

▷ 4/14(土)横手城南 2-4  大曲工業(仙北球場)
▷ 4/22(土)横手城南 3-10 大曲農業(大曲球場)
▷ 4/23(日)横手城南 1-11 湯沢翔北(スタジアム大雄)

今シーズン初めての公式戦でした。初戦は負けはしましたが粘って試合を作っていくことができました。2,3試合目では投手・守備共に失策から流れを失いコールドゲームでの敗戦となりました。
5月2日から始まる春季県南地区大会では、今回のリーグ戦で出た課題をしっかりと克服し、”溌溂颯爽”とした城南野球で全県大会出場を目指してチーム一丸となって頑張りたいと思います。

☆ 春季県南地区野球大会について
横手城南高校の初戦は、
5月4日 横手城南 × 湯沢高校 10時試合開始
試合会場は、大曲球場です。